キャッシングの利用

債務整理後に利息は一切発生しない

本来お金を借りている行為をすると、利息を追加で支払うことになります。利息を支払わないでお金を借りることはできないので、必ずこの金額を追加で支払わなければなりません。しかし利息は返済を阻害する要因となってしまい、非常に辛いと感じてしまうことがあります。債務整理が行われると、この利息は支払わなくてもいいです。

 

債務整理では本来支払うべき金利まで落とすことが多いですし、利息については最初から考えず、決められている減額範囲まで落として計算をすることもあります。従って利息の支払いは殆ど無く、しかも債務整理後に利息を追加で払うこともありません。決められている金額を毎月返済するだけで、完済できるようにしてくれます。

 

業者側にとって債務整理はデメリットでしか無く、折角の利益を失うことになります。当然利息が失われるということは、元本くらいしか返ってこないので、あまり利益を得られないのです。方法によっては元本すら返ってこないため、貸すことのメリットが完全に無くなり、返済をただしてもらうだけの状態となります。

 

利息については債務整理が行われた時点で関係ないものと考えてください。決められている金額だけを払えば問題はありません。そのため、現状の返済が利息で厳しい、借りているお金の借金を払えない場合には、利息のカットによるメリットが非常に大きくなります。